ホリエモンロケット2号機の会社や費用は?打ち上げ失敗の理由と原因も


2018年6月30日に民間ロケットのMOMO2号機(通称:ホリエモンロケット)が打ち上げられましたが、残念ながら打ち上げ失敗に終わった模様。

ニュースのタイトル見出しが「民間ロケット・ホリエモンロケット炎上」となっているので視聴者は「何事!?」ってビックリしちゃいますよね。私もホリエモンロケット2号機の撮影動画を見ましたが、盛大に炎上していて朝から大笑いしました。

そう。ネットの炎上ではなく、物理的に炎上していたんです。

そこでこの記事では、

  • ホリエモンロケットとは何か
  • MOMO2号機の打ち上げ会社はどこなのか
  • ホリエモンロケットの費用や値段はいくら?
  • 次の開発や打ち上げ時期はいつ?

などについて掘り下げて情報をまとめました。

今後もロケットの開発・打ち上げ成功に注目が集まりますので、ホリエモンロケットについて学んでいきましょう!

スポンサードリンク

ホリエモンロケット(MOMO2号機)とは何か?製作元の会社名は?

そもそもホリエモンロケットとは、元ライブドア社長の堀江貴文さんが出資している「宇宙ベンチャー企業・インターステラテクノロジズ(IST)」が開発している小型ロケットです。

ロケットの名前は「MOMO」。ホリエモンロケットと呼ばれているのは「ホリエモンが出資して開発しているロケット」だからですね。笑

MOMO2号機の全長は約10m、直径が50cm。重量は1150kgです。

エタノールと液体酸素を推進剤とする1段式の液体ロケットで、20kgのペイロードを高度100kmに打ち上げることができる。

打ち上げ後240秒程度で最高高度に到達し、ここで宇宙空間といえる高度100kmを突破する計画だ。成功すれば、日本の民間開発のロケットとして、初めて宇宙空間に到達することになる。

引用元:https://news.mynavi.jp/article/20180202-579709/

ちなみに6月に打ち上げられたのはMOMO2号機。

2017年7月にMOMO初号機が打ち上げられましたが、一回目の打ち上げは失敗。そして期待のMOMO2号機の打ち上げは本来なら2018年の春頃に予定されていたのですが延期になってしまいました。

この時はMOMO2号機のロケットの調整や最終確認に時間がかかっていた様子です。

機体の窒素ガス漏れがあったそうなので、「念入りに最終確認」をしていたとのこと。

実験に危険はつきものなので、ロケットの本体に不備がないか確認するのは時間をかけても問題ないと思います。だけど、打ち上げを楽しみしていた人からすると「ちょっと残念」な延期でしたね。

二回目となる「ホリエモンロケット」の打ち上げは6月30日。しかし今回も惜しくも打ち上げ成功ならず……!!失敗です。

観覧していた人は有料で見ていたそうですが、3回目の打ち上げ成功に期待したいところですね。返金などは行う予定はなさそうですので、「面白いモノが見れた」と思って気持ちを切り替えたほうが良さそうです。

ホリエモンロケットの打ち上げ場所と撮影動画!物理的に炎上してて視聴者「こんなの笑う」

ホリエモンロケットMOMO2号機の打ち上げ動画がネット上で公開されていたので紹介します。打ち上げ場所は「北海道大樹町」という所です。

すごく……炎上しています。(物理的に)

午前5時30分に打ち上げられてすぐにロケットの機体が燃え始めてしまいました。メディアの報道でも「ホリエモンロケット炎上!」と見出しが出ていたのはコレが原因です。

一瞬「ホリエモンがネットで炎上したのかな?」って勘違いしそうですが、別の話題なので!笑

ホリエモンロケットMOMO2号機の打ち上げ失敗の原因や理由は?

ホリエモンロケットMOMO2号機の打ち上げが失敗した原因や理由を探しましたが、こちらは詳細を調査中とのこと。

ツイッターでも何人かが、打ち上げが失敗した要因を予測していました。

  • 1発100億円規模でやるロケットの打ち上げを、民間で「数千万円~1億規模」でやるのは厳しいのではないか
  • ロケットの推力不足・燃料ポンプに問題があった
  • 機体の溶接が上手くできていなかった

映像を見ると「機体部分」から火が飛び散っていました。なので、燃料ポンプや機体の溶接が原因な可能性はありますよね。

詳細は後ほど発表されると思いますので、詳しい話はニュースの情報を待ちましょう!

スポンサードリンク

ホリエモンロケットの製作費用や値段が意外と……?

先程の話でも既にネタバレしましたが、ホリエモンロケットMOMO2号機の製作費用は「約数千万円~1億円」の規模です。

通常のロケットだと100億くらいは費用がかかるので、ホリエモンロケットは「製作費用を抑えている」んですね。

「一般的に手に入りやすい材料で作る」のも目的の一つだとホリエモンが言っていました。なので、ロケットの値段が意外と安かったのも「そういう理由だったんだ」とうなずけました。

一般市場に流通している部品を使ってロケットを製作をするスタイルは、 打ち上げコストの削減にも繋がって素晴らしいと思う。

開発には失敗がつきまとうからノウハウを蓄積して技術力を昇華させていくしかない。ただ民間の場合、母体である会社の経営が続くかどうか。

100%成功しているわけじゃないけど、改めてJAXAのロケットを作っている企業には技術力があるのだなと思うし、それなりにコストをかけないとやっぱり駄目なんだな、とも思う。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20180630-00010000-sorae_jp-sctch

ホリエモンが出資しているので、製作会社さんには頑張って続けてもらいたいですね!

ホリエモンロケット2号機の打ち上げ失敗のネットの反応

ネットでもニュースを見た視聴者がざわざわしているので、反応をまとめました。大きく分けて「期待の声」「単純にシュール」「批判」の3つの反応がありました。

まずは「期待の声」からいって見ましょう!

ロケットの打ち上げを見ていた人たちは「ああ……」と悔しい気持ちだったでしょうね。ニュースの映像では「女の子が泣いてた」そうですから、ホリエモンロケットへの熱い気持ちが燃えていたんだと思います。

炎上しちゃったのはすごく残念ですね。

次は「シュールで笑ってしまった反応」です。

私も「シュールだな」って思って笑っちゃいました。内容がどうこうじゃなくて、映像として面白いんですよね笑。製作を頑張ってきた会社の方やホリエモンには申し訳ないですけど。

だけど「次はロケットの打ち上げ成功してほしいな!」って思うのが本音です。

日本では未だに民間ロケットの打ち上げ成功例がありません。なので、北朝鮮や海外の他の国の技術と比べたら「民間ロケットの製作技術はまだまだ」なのかなって思ってしまいますね。

ちなみに、MOMO3号機の開発や打ち上げ時期については未定です。

ホリエモンは成功するまでやるつもりなので、ぜひMOMOの打ち上げ成功を実現させてほしいです!

合わせてコチラの記事もどうぞ♪




スポンサードリンク

※コメントについて

コメント欄は意見交換や情報提供の場としてご活用ください。 記事に誤りがあった際には報告していただけると嬉しいです^^

個別に全て返信はできませんが、拝見しています。ご協力ありがとうございます♪

メールアドレスが公開されることはありません。